AMDA大槌健康サポートセンター感謝の集い

5月22日(日)

大槌町中央公民館にて、AMDA大槌健康サポートセンター感謝の集いが開催されました。

この感謝の集いでは、センターが昨年12月で4周年を迎えたことへの感謝の想いを皆様にお伝えするとともに、4月までセンターのスタッフとして活動していた私たち村上(旧姓・大久保)・菅谷がこの度5月より「Tsubomi」として独立し、AMDA東日本大震災復興支援事業の一部を継続展開していくというご報告をさせていただきました。


当日は晴天に恵まれ、お子様方を含め約40名の皆様にご出席いただきました。(キッズスペースもたくさんの皆様にご活用いただきました!)

プログラムは、代表・村上による開会の言葉に始まり、理事長挨拶では、認定特定非営利活動法人アムダ・成澤貴子理事長からのメッセージムービーを上映いたしました。

そして、大槌町民生部コミュニティ総合支援室・土澤智室長よりご挨拶をいただき、また、特定非営利活動法人つどい様よりお祝いの言葉を頂戴いたしましたので、ご紹介させていただきました。

続いて、佐々木 賀奈子センター長よりご出席の皆様へのご挨拶の後、Tsubomi代表・村上へAMDAの業務委託決定通知書が交付されました。村上は、「各事業が参加される皆様にとって充実したものとなるよう取り組んでいきたい」と決意を表明いたしました。

その後は、Tsubomiによる団体プレゼンテーション、

そして、センターの4年間の活動を振り返るフォトムービーを上映いたしました。

最後には、ご出席くださった皆様へのプレゼントとして、ポリパンJrマイスター有志の会の皆様による手作りの天然酵母パンをお配りし、有志の会を代表して、大久保恵理子様よりパンのご紹介をしていただきました。

ご出席いただいた皆様からは、「AMDAの東日本大震災復興支援活動は、4年間もの年月を大槌と共に歩んできたんだな…と感謝の気持ちでいっぱいになった」「Tsubomiに対しても、自分に何かできることがあればいつでも声をかけて」など、たくさん温かいお言葉をいただきました。


当日ご出席くださった皆様、ご挨拶やお祝いの言葉をいただいた皆様、応援してくださる皆様に心より感謝申し上げますとともに、今後とも、AMDA大槌健康サポートセンター、Tsubomiそれぞれの活動に対しましてご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

0コメント

  • 1000 / 1000